会社の紹介

オークランド, New Zealand
Power In Numbersはオークランドを拠点とする政府公認のイミグレーションアドバイザーの会社です。スタッフの平均在住歴は20年以上!オークランド大学へ通い、卒業し、移住を経験したスタッフとニュージーランド生まれで育ったスタッフのみで運営を行っています。
現地の現役統計データアナリスト(BSc、PGDipSci、MSc)のサポートがあり、常に数万に及ぶ移住者の実際のデータを基に、最新の情報と分析を提供しています。勘、経験、雰囲気だけでアドバイスは一切致しません。ブログでは統計だけではなく、日常のこと、仕事のことや、永住権に至るまでのことを書いています。

2016年7月31日日曜日

Decileってなんなのさ!? 気になるところ編

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ

前回、前々回は↓のリンクです☆

ニュージーランドの学校選び!Decileってなんなのさ!?
Decileってなんなのさ!? 計算方法編
結局どのDecileグループがいいんだって話


やっと終盤に近づきつつある気がするけど、気まぐれで長くなったりしちゃったりして。


前回結論付けたように、Decileが低い学校は一般的にプログラムの数が少なかったり、リソース(先生のスキルや設備等)の関係で選択できる教科数に限りがあったりするのが問題です。


ここからは個人的に問題点だと思っている部分。


まずDecileのスコアによって人種比にかなり偏りがある。
これはあくまで個人的なイメージです。

もちろんデータはあるので時間があるときに分析して本当にDecile毎で人種の差があるかを調べます。


イメージとしてはDecileが高くなればなるほど白人比率が高くなる。
しかも上がれば上がるほど高所得層の割合が一気に増える分、価値観や経済的感覚がランク毎でガラリと変わる。


Decile 6からDecile 7位が一番「ニュージーランドらしさ」があるんじゃないかな?

生徒の人種構成はニュージーランドの人種構成比率に近いし、(いい意味での)適当さもニュージーランドっぽい。


Freemans Bay SchoolはDecile 6なんだけど、本当にいろんな人種もいるし、富裕層から低所得層まで学生のタイプも色々。
制服もないし、学校も厳しいところはほとんどない。


それに対してPINのボスが行っていたDecile 10の学校は皆礼儀正しく、しかも白人が多め。
ほとんどの学生は高所得層に属する上に、ニュージーランド人なら誰でも聞いたことがあるような会社の社長の息子や娘も普通に通っている。


このランク毎の学生の差が問題なんだよね。敢えてDecile 10の学校へ通わせたけど、周りの雰囲気に馴染めなかったとかはよく聞く話。


International Studentはゾーン(学区)関係なく好きな学校へ通える分、しっかり子供のタイプと学校のタイプを見極めて、相性がいいところに通わせないと学校嫌いになってしまうことがあるので気をつけて!


ちなみに自分が通っていた高校は……自由なタイプで大学へ進学するは年に数人レベルでした笑


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ

2016年7月26日火曜日

結局どのDecileグループがいいんだって話

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ

前のブログから結構時間が空いてしまった……
立て続けに来た仕事でてんてこ舞いになっていたのが原因です。


ニュージーランドの学校選び!Decileってなんなのさ!?
Decileってなんなのさ!? 計算方法編


今回は上のエントリーの続き!


前も書いた通りDecileは教育の質を表す数値ではないというのが公式の見解です。

では、なぜこのDecileランクが教育の質と同義と勘違いされる傾向にあるかを書いて行きます。



世界共通の認識ですが、教育にはお金がかかります。



校舎や実験室等の設備投資や教師陣への人材投資も含め多額の資金が必要になります。
(実際大学レベルで新しい学科を作る場合は10億円位一瞬で消えます。)


Decileが低い学校は寄付で集められる資金が限られる為に(これについては計算方法編で説明しましたね)投資可能額も必然的に低くなります。政府からの援助が多めに設定されるとはいえ、それでも全てを賄うには足りません。

すると、

しっかり物理を教えられる人材を呼び込めない。
化学の先生はいるが、実験室を準備できない。

という現実的に限られた教育しか出来ない状況が生まれます。


すると教えられない科目があり、大学に通えるような学生を育てることが困難になることもあります。よって必然的に大学への進学率も下がります。


逆にDecileランクの高い学校は政府からの援助に加え豊潤な寄付金があります。その分NCEAだけではなくケンブリッジことCambridge International Examinations (CIE)と言った多くのプログラムを提供することが出来ます。例えばDecile 10の学校の一つ、Pt Chevalier SchoolにはGifted and talented education (GATE)といった特殊なプログラムもありますね。



これがDecileが低いと教育の質が良くないという概念が生まれる原因になるのではないでしょうか。



もちろん例外はあります。

生徒数が2600人を超える高校のAvondale CollegeはDecile 4にも関わらず比較的しっかりとした設備投資をし、校舎の拡張やケンブリッジを含む学習環境を整えています。もちろんこれは生徒数が多くその分寄付を含む政府からの援助が大きいことも関係していますね。



Decileだけが教育の質全てに影響するわけではないという見解は概ね正しい気がしますが、学校にDecileという「ランク」をつけた為にそれが独り歩きを始めてしまったのが問題なのではないでしょうか。


というわけで、一般的にDecileが高い学校の方がプログラムの種類が多い(NCEAのマイナーな科目も通信教育としてではなく授業として存在する)、特殊な子供達にも対応できるだけの環境や実験室等の設備が整っているという傾向があるということが今回の結論です。


次回は教育以外でのDecileランク毎の違いを説明しようかな?

じゃーねー!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ

2016年7月21日木曜日

Decileってなんなのさ!? 計算方法編

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ

ホリデイも重なって結局木曜日になってしまった!

というわけでDecile第二弾!

興味ある人はいないであろう、計算方法だよん。

全部で七つのステップに分かれていて、説明して行く前から既にへこたれそうだ……

まず、


ステップ1!
各学校が生徒の住所をMinistry of Educationに送ります。
これを基に各学校の学生がどの地域から来ているのかをまとめていきます。


ステップ2!
学生の住所が揃ったら、今度は生徒の住所別にMeshblockと呼ばれるより詳細な地域に振り分けていきます。



Meshblockなんて聞いたことないなんだけど!?



という方、日常で使うことはほとんどないのでご安心を。

MeshblockとはStats New Zealandが制定する地域単位で一区域(ユニット)につき約五十家庭が入ります。ということは、Meshblockのサイズは地域によって異なることになりますね。地方だと家の数が少ないのでMeshblockのサイズは大きくなり、オークランドの様に密集した地域だとその分Meshblockのサイズが小さくなります。

ちなみにニュージーランド全土でMeshblockの数はおよそ46,000。

そのMeshblockを基準に、各ユニット内の学生数とパーセンテージを計算します。


ステップ3!
ここはMeshblockの調査です。
各Meshblockを五つの経済指標を基準に調査していき、五つの基準値が等しく(均一に)各Meshblockの最終的なスコアに反映されます。
要はどのカテゴリーも最終的に20%ずつMeshblockのスコアに利用されるということですね。

I.  世帯収入
世帯収入が下位20%を下回るの世帯の割合を計算します。この割合は、単純な下位20%ではなく、国内の一世帯の大人の数、子供の数、そして子供の年齢を基に調節された下位20%です。
無職の人や生活保護を受けている人はこの世帯収入の計算には含まれません。

II. 職業
ANZSCOのレベル4、レベル5で働く保護者の割合を計算します。

III. 世帯密集度
ここでは各住居の密集度が1を超える世帯の割合を計算します。
10歳以下の子供は2人で一部屋、保護者は二人で一部屋、それ以外の家族は一人一部屋という基準を基に密集度は計算されます。

2014年にMinistry of HealthがAnalysis of Household Crowdingというレポートを発表したのも記憶に新しいですね♪

IV. 教育レベル(学歴)
高等教育を受けていない保護者の割合を計算します。

V. 収入支援
生活保護やその他の国からの援助を受けている世帯の割合を計算します。


ステップ4!
ステップ3で計算した各Meshblockの五基準が、基準毎にMeshblock内の学生数を基に加重されていきます。
学生数が少ないMeshblockではDecileに対する影響が小さくなり、逆に学生数が多いMeshblockはDecileの数値に対する影響が大きくなります。
学校を中心にみている調査ということを考えるととても妥当な計算方法ですね。
ここからやっとステップ3の計算がDecileに結びつき始めます。


ステップ5!
上の五基準を用いて、基準毎に各学校の位置づけをしていき、百分位数(簡単にいうと一から百までの順位)でスコアをつけていきます。
例えば学校Aは基準Iではトップだけど、基準Vでは一番下、学校Bは基準IIIのみ一番で後は並という感じですね。


ステップ6!
ここで初めて各学校の五基準のスコアの合計を出します。
この合計数が学校のスコアになります。


ステップ7!
最後にニュージーランドの各学校をステップ6のスコアを用いて10のグループに分けます。
このグループがDecileになるんです。


長かったー!!!

ひとまずDecileの計算方法はこれでわかったね!

またねー!


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ

2016年7月19日火曜日

ニュージーランドの学校選び!Decileってなんなのさ!?

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ

学校選びに毎回上がるのが学校のランクを表していると思われている、Decile。

一教育機関に身を置く身としては個人的にはあまり好きな制度ではないのですが。

1から10までのランク付けで、もちろん10がトップ。

実はこれ以外にも99と0というのも存在するんだけど知ってる人はほとんどいないだろうな。


今回の話も凄く長くなる感じがプンプンするのでこれも数回に渡って続く気が……(´;ω;`)


第一弾は

Decileってなんなのさ!?

から説明していこうかな。

学校へ通っている生徒が住んでいる地域の経済的地位を、ニュージーランド全国の他の学校と比較して数値化したのがDecileです。

1から10というのは、全国の学校(例えば高校なら高校)を10等分したものを経済的地位順に並べた感覚に近いかな。

ということは、Decile 1というのは下流階級(と言う言い方は好きではないけどそれ以外に思い浮かばない)の割合が一番多い学校、Decile 10は必然的に下流階級がほとんどいない(どちらかと言うと上流階級だけのような気がしなくもない……)学校になります。


ちなみに政府の言葉を借りるなら、

「Decileは学校の経済的地位や教育の質を示すものではない」

となっています。


それじゃあ何でそんなんあるんだよ!?


と思っちゃいますよね笑


Decileはそもそも国からの支援額を決める目安に使われる数値なのです。
下流階級の人達にも平等に教育を与えらるようにする為に、Decileに寄って国からの支援額が異なるのです。

ということはDecile 1の学校が国からの支援額が一番多く、Decile 10になると支援額が少なくなる代わりに生徒の親からの寄付金額(Donation)が多くなるという仕組みです。

Decileは五年毎に見直され、その都度更新されます。
去年まで7だったのに今年は6だ!ということもあり得ますね。

Decile毎に受けられる支援額や種類が異なるのもポイントです。
このDecileの算出方法と支援額の種類の違いは知りたい人がいたら書こうかなぁ。

こんなこと知りたい人いるのかなぁ……みんな自分のことで手一杯で「それどころじゃないんだけど。」と言う人が多いかもしれないしなぁ。


そんなことより、上記の


「Decileは学校の経済的地位や教育の質を示すものではない」


との謳い文句ですが、実は……

あ、時間だ笑

続きは今度!

じゃーねー!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ

2016年7月15日金曜日

移住って大変なの!?

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ
少し前にツイッターでも書いたけど、日本人はあまりデータを気にしない。


大公開!シェフ分析 永住権編等で公開した移住関係の分析は、実は海外のクライアントが多くて、日本人は十人に一人位の割合しかいない。


決断を後押するのは「感情」や「誰かの一言」だけではなく、本当は実際のデータが凄く重要。

だけど、日本人は情報使い方や重要性の勉強はほとんどしていないのでその発想がないんだろうね(ニュージーランドの高校ではちゃんと教えてくれる)。


個人的な感覚だと、ブログやツイッターは情報収集の場と言うよりはリアリティーTVやワイドショーの延長に近い。


そこで「普通の人」の移住話を見聞きして「結構出来ちゃうのかも!?」と思ってしまうんだよね。


これは凄く危ない考えで、家族を連れての海外移住は本当に千差万別です。
あの人には起こらなかった難関や問題が自分の周りでは日常的に起こります。



とはいえ、出来るか出来ないかで聞かれたら、もちろん出来ると答えます。



事実2015年には60,000人弱の人達が移住してきていて、出来ないと言うのはおかしな話だし。6万人に出来るというのは結構な割合で出来ているレベルの物事です。


ただ、移住を考えている段階で「英語がなぁ」とか思っていると黄色信号です。


「よし、移住しちゃおう!」


と思った時点で英語は「スキル」ではなく「生活必需品」になるんです。

もちろん「子供が永住権を持っているので一緒に住むんです♪」とか「定年後の楽しみで!」とかなら英語なんて旅行レベルで十分です。その場合は全力で楽しめばいいんです。


でも、家族を連れて「さぁ暮らすぞ!」となるなら話は別です。
英語出来るまで本当に必死に努力することは必須条件です。

ある程度の英語力(アカデミックIELTSで6.5位かなぁ)は、英語圏の社会で一仕事人として暮らしていくなら当然必要です。


そこまで出来てやっとスタート地点です。


その後、英語で使える「技術」をしっかり身に着け(その為に専門学校やら大学やらに通うんでしょ?)、職を得なければなりません。もっとも、知識と同時進行で英語力を上げていくのが賢い&効率の良い生き方です。


別の場所に住むというのは、常にたくさんの「試練」が待ち構えています。
でも、壁にぶつかるたびに逃げないで対処していけばちゃんと進んで行けます。


辛抱強く少しずつでいいので進んで行くことが大事なんですよ!


後は就職時のテクニックや暮らしていく為の知恵を蓄えていけば大丈夫。


(ちなみにPINは就職のテクニックやCV、カバーレターの添削もしています。というわけでPINに相談を笑)


とにかく、立ち止まらずに常に先を見通し、どんな状況も想定の範囲内と考えられるだけの度胸と覚悟は必要です。


ちなみに運がどうとかもあると聞きますが、個人的に運は嫌いなのでそんなの信じていません。


チャンスを物に出来るだけの実力さえ身に着けて、常に「Be Prepared」の精神でチャレンジを続ければ運は呼び寄せられます。


というわけで「英語がなぁ」から「英語さえ出来ちゃえば余裕じゃん」まで来たら移住青信号ですよ!

後は本物の「情報」を得てしっかりプランを立てれば大丈夫!



もちろん情報はPINのデータ分析をご利用くださいませ笑

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ

2016年7月14日木曜日

大学へ通う利点

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ

ニュージーランドには全部で八つの大学があり、その八つ全てが国立です。

日本と違い、大学は三年間。
二つの学部を同時に修めるConjointなら四年間です。
例えば経済学部と工学部を同時に修めることが出来ます。


知り合いはConjointでサイエンス(理学部)とビジネス(経済学部)、二つとも専攻を二つにして数学と統計学、会計とEconomicsを修め、Postgraduateで応用数学、Mastersで統計学を修めていました。

大学以外にも高等教育はもちろんあります。

Unitecは長年大学にランクアップを狙い名前にUniまで付けているのになかなか国が認可してくれないようです。多岐に渡るコースが自慢の総合専門学校ですね。

MITも似たような感じですがサウスなのでアイランダー系が多いのが特徴です。

よく聞くAUTは2000年に大学に格上げされました。
ちなみに名前は正式名称はAuckland University of Technology Universityと言い、Universityが二回も出てくるなかなか面白いネーミングセンスを誇る大学でもあります。

しまった。
うんちくを語る為にブログを始めたんじゃなかった!

危ない危ない……


それでは本題へ。



話は2011年に遡ります。

この年、新たなLongitudinal Studyがニュージーランドで始まりました。

Longitudinal Studyとは実験とは違い、被験者の「人生」を計測していくタイプの研究です。

ニュージーランドのLongitudinal Studyは世界でもトップクラス(冗談抜きで世界トップでこの前オバマも参考に研究報告書を読んでいた)で定評があります。

今回新たに始まったこの研究の被験者は、なんと9000人の大学卒業生。


この人達の人生を追っていって「大学」と言うものが本当に人生にプラスになるのかどうかを研究してみよう!というのが目的です。


その研究結果の第一弾がつい先日発表されたのでそれを基に大学に行くことのメリットを紹介していきます。



利点1、年収。
卒業後二年での年収(もちろんMedian)は44,670ドル(日本の感覚では450万位)!
一般の25歳から29歳の年収が37,500ドル(375万位)と考えると大学卒はもらえる給料が圧倒的に多いのです。

院卒だと初任給でも60,000ドル(600万位)もらえる人も多々います。これが多いのか少ないのかは知りませんが、少なくとも生活はしていける額だとは思います。

利点2、失業率。
一般的なニュージーランドの失業率は5.7%なのに対し、大学卒業生の失業率は2.7%。

利点3、勉強の有効性。
71%の卒業生が大学で学んだことが仕事に役に立っていると回答。
日本とは違い、海外では専攻が活きる仕事に就くのが一般的。
大学で学んだ内容が役に立つというレスポンスが多いのは、今の職業が大学の勉強と直結しているからですね。

あと面白いのは投票率。
大学卒業生のなんと84%の人がしっかり選挙に参加しています。
国の投票率は78%なのでこれはこれで高い投票率ですね。
ちなみに日本は……まぁいいか。


と言うわけで大学に行く利点がたくさんあることが研究からわかってきました。

こんな小さな島国とか羊しかいないとか色々言われることが多いけど、オークランド大学は世界レベルの大学です。

知り合いはオークランド大学の医学部(研究の方ね)を卒業しオックスフォード大学院やスタンフォード大学院からもオファーを受けていました。
自分が院であっぷあっぷになってるのを尻目に彼はしっかり博士号まで取得し、今はアメリカのYale大学で教鞭をとっています。

そんな不公平な話があるかってんだ!笑

と文句も出てくるが、オークランド大学はそれだけコネクションも実力もある大学なのです。


大学院レベルまで出ていると上の利点を一回り超える位のおまけがついてくることもあるので可能なら院まで出るのが得策です。

もちろん移住組の方はなおさら大学レベルを狙うのがいいですよ。
選択を誤ると就職時にライバルが多すぎて困った状況に陥ることも。


ではでは★

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ

2016年7月12日火曜日

一週間の労働時間 in New Zealand

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ

結局統計を発表している火曜日の夜です。


唐突だけれど、日本は残業大国。
むしろ定時上がりからが仕事始め!の雰囲気さえ漂っている。



ニュージーランド人は働かない!
残業なんてしない!


果たしてそれは本当なのか?
それともニュージーランドののんびりとした風土ゆえの外国人の妄想なのか?


ちなみにそんなことを書いている自分は通常四時くらいに終わり、木金は三時に終わります。


早速、一週間の労働時間を見てみましょう♪
これは職業別ではないので全体です。

色が薄いのがニュージーランド人、中間が移住して五年以上の長期移住者で、一番濃い色が五年以内の移住者です。

さてさて、一番多いのは30時間から44時間。

移住者でもこの時間数の勤務が一番多いですね。
もちろんそれは移住の条件で「フルタイム」という項目もあるからと言うのも一因です。

一般的に「フルタイム」と呼ばれる職業は週40時間が目安なので一週間の残業はほとんどないに等しいのではないでしょうか。
それでも週に45時間以上働いている移住者の方も20%前後いますね。
週五日勤務だとすると、一日九時間以上働いている計算になるのかな?



ホリデイシーズン等で稼ぎ時になったりする業界の人達は繁忙期には週60時間というところもありますので、これは業界によるところが大きい気がします。



キウイの30%近くは45時間以上働いているという数字を見ると、結構頑張り屋さんです。そうかと思えば0時間から29時間しか働いていない層も20%以上いるので両極端ではあります。

この人達の特徴としてはフルタイムで働いている人が半分を切っていて、尚且つ0時間から29時間しか働いていない層も移住グループより多いので「働かない」というイメージに繋がっているのかもしれません。


個人的なイメージではキウイは勤務時間内は目一杯働き、与えられたタスクをしっかり時間内に終わらせるようにしている気がします。

もちろん「ダラダラやっても残業代なんて出ない」という理由もありますが。


というわけで、結論としては残業がほとんどないは正しい気がします♪
が、ニュージーランド人が働かないは誤解で、「やる時はやる!時間が来たら誰がなんと言おうと自分の時間!」というメリハリがついている、と言うのが正しいんじゃないかな?

またねー!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ

2016年7月8日金曜日

NCEAと大学

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ

NCEAってなんなのさ!


の通り、先を見通しながらの教科選択が大事なのですが、実際先を見据えられている高校生なんて少ないのが現状です。


例えば、自分は統計学者になるなんて微塵も思っていなかったです。
むしろ統計学なんて「doesn't sound cool at all」とか思っていた。


そんな学生がたくさんいる中で、高校一年時で先を見据えた科目選択をなんていうのは不可能です。


夢なんて途中で変わっていいんです。


例えば、オークランド大学では、「教育は平等に与えられるべきだ」という理念が存在します。だからこそ、教育ではなるべくお金を搾取しないように常に試行錯誤しています。

授業料を左右するのは実は政府で大学側じゃないんだよ。


ちなみに留学生は自費で来ているのでしっかり全額頂いています笑
税金も払ってないし。


そんな大学が「君はこの教科を履修していないからこの学部には入れません」なんて言うわけがない。



もちろん、工学部や医学部、芸術系学部等は入学後のことも考え履修科目には厳しいですが、これらの学部は最初から専門職に就くことを目標として成り立っている学部なので高校の時点で先を見据えていないとダメですね。



とにかく、一般的にはNCEA Level 3でこの科目を取っていないと入れないという学部は少ないんです。



例えば、生物と物理を勉強していた学生が、勉強していく過程で突如化学の素敵さに気付いてしまったとします。



もし「大学で新しい分野を勉強することは難しいのでNCEA Level 1の段階から先を見据えて科目選択をしなくてはいけない」という前提だと、この気付きは時すでに遅しということになりますね。


しかしそういった時の為に、大学には基礎レベルのコースがしっかり準備されています。


化学を専攻するにはCHEM 110やCHEM 120が必須科目なのですが、これらはNCEA Level 3のChemistryの知識が必要になる部分も多少あります。
そのレベルに達していない、というかChemistryなんて勉強したことない学生には下準備のCHEM 150があります。



これは化学の基礎を学ぶための科目で、ここをクリアしCHEM 110やCHEM 120に進んでいけるのです。



上はあくまで一例ですが、予備知識がない学生でもしっかり学んでいけるように大学側は常に工夫をしているんですよ。




それ以外の例としては、Decileが低い学校は(これもそのうち書いた方がいいのかなぁ)そもそもしっかり教えられる教師や環境が整っていないことが多いので、先を見通しても動きようのない学生。


これは自分のせいではなく環境のせいで勉強が進まなかったタイプ。
そういう学生に大学側が「NO!」を突きつけるわけがない。



しかも、哲学や法律などは元から高校レベルで準備は出来ませんよね。



と言うわけで結論としては、NCEAの科目選択は大事なのですが、そこで神経質になってあれもこれも履修しなくちゃいけないんだ……と頭を悩ます必要はないのでまずは好きな分野から始めてみてね!


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ

2016年7月7日木曜日

日本人留学生 at ……

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ

日本人留学生 at 語学学校の続きだよん。

もっと早く書くつもりが寄り道をしてたらこんなことに。


早速本題へ。


今回の日本人留学生は……高校生!

日本人留学生の分布は下記の様になっています。


一番多いのがPrivate Training EstablishmentsことPTE。
簡単にいえば、NZQA認定のプライベート(私立)の高等教育機関です。

クッカリー、その他の専門学校、Level 8、Level 9で「大学」ではない学校等がこの範囲になります。

このレベルが一番多いのは受け入れる年齢層が幅広いので当然と言えば当然のことなのです。


で、二番目に多いのが、なんと高校生!
年間2500人程度います。


自分も高校留学生だったので感無量(と言っても何が感無量か全然わからない)!


と言ってみたところでこれが本当に「多い」のかどうかはまだわからない。

ということで次のグラフ。


各学校レベルの国別の割合です!

中国が圧倒的なのはほっといて(悪気はないです)、オレンジの日本を見ていきます。

日本人留学生が一番多いPTEの日本人の割合は、全体の10%にも満たないにも関わらず、日本人留学生はなんと全体の20%弱!

五人に一人は日本人!

空港のハンコを押す人に五人の留学生が来ると、そのうち一人は日本のパスポートを持ってきているんです。

凄くない?

で、ここで質問。

タイ、韓国、日本を除いた国は高校レベル以上の留学生が多いのに、何故この三カ国は高校生が多いのか?


わかる?


わかったらPINのサポート&アドバイス係に欲しいレベル!笑


まずタイ!
……よくわからない!
これは本当によくわからない。
何でだろうね。


次、韓国!
兵役!
兵役が始まる前に海外の教育を体験させたり、あわよくば兵役を免除出来ないかな?という層が多いので高校生が多いのです。


で、最後が日本。


これは、帰国子女入試狙いの留学生。


帰国子女入試は本来は家族の都合で海外で生活しなくてはならなかった高校生でも大学入試に参加出来るように発足された入試方法です。


しかし、世間の「ぐろーばらいぜーしょん(どっかのCMみたい)」に伴い少しずつ海外へのハードルが下がってきたところで増えてきたのが単身留学。

二年間(大学によっては三年間)海外の高校に通えば帰国子女入試でいい大学に比較的楽に入れるのです。


本当は大学レベルで留学をすると名実ともに「使える人材」になる気がするんだけど。


それでも帰国子女入試はおいしい話には違いありませんね。


かく言う自分もあわよくば帰国子女……と思ったことがあるようなないような……


もう一つ、日本の高校留学生が多い理由は、不登校の高校生達!


日本で馴染めなかった高校生や色々な事情で学校にいられなくなった高校生が第二のスタートとして海外進出するんです。

自分が教えている高校生の8割くらいはこのタイプ。なんだかんだ文句を言いながらもしっかり授業に来ています。よし!来週は休みにしちゃう!?と言ってもしっかり来ています。不登校なんて嘘だ……


というわけで、日本人の留学生は圧倒的に高校生の十代が多いんですね♪


ビジネスチャンスを狙っている方、この年齢層をターゲットにしてみてはいかが?笑


自分にも塾を開いて欲しいとの要望がたくさんありました。

もちろん断りました!笑

統計学者は塾しません。


……してもいいんだけど凄くめんどくさそうだから、その時は誰かと提携しよう。

じゃーねー!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ

2016年7月5日火曜日

移住するならこの業界、ニュージーランド高収入職業トップ15!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ

どっかのアホな週刊誌の見出しみたいなタイトルですが、この前のIT業界(プログラミング関係)のススメの続きです。


こんなセンセーショナルでお洒落なタイトルにしたらたくさん読んでもらえるんじゃないか?という浅はかな作戦です。


タイトルに引っかかって読んでくれている方、ありがとうございます♪
損はさせません(保証は出来ないですが)!笑

上のエントリー以降、


IT業界(プログラミング関係)ってなんだよ!?


と言うメールやツイッターのDMでの問い合わせが一気に増えたのです。
逐一順番に返していますが、


こんな変な会社にいきなりメールしたらアホなこと言われるか金払えと言われるかのどちらかだ!


と思って直接聞けない方もいるかもしれないのでブログにしておきます。


下のリストがLowestとHighestトップ15の業種です。


Lowestはあくまで参考に。

ここで注目するのはHighestです。
お医者さん、エンジニア、銀行や保険会社のマネージャー職等錚々たる職業が並んでいますね。


が、問題はそこじゃない。


一番際立っているのは実はお医者さんでもマネージャーでもない、Information Technology関係。

トップはInformation Technology System Architectで、高給取り上位15種類の中の6種類はInformation Technology。


で、気になるのはITのどの分野なんだ!?ということですよね。


結論から言うとInformation System関係が一番ホットです。


週二、三日ウチのオフィスに来ている方はThetaから派遣されています。
その人は、それ以外の曜日はASBやWarehouse、BNZ等のオフィスにいるみたいです。

気になる年収は……120,000ドル(日本で言う1200万レベル)程度。


まぁ大したことはないですね。と粋がる声が震える位のレベルです。


残業しているところは見たことないですし、日本の言い方ならスーパーホワイトな業種です。


それでもこの年収。


毎日移住関係の相談メールが山の様に来ていますが、一番多いのがまず学校で勉強をして現地で就職したいというタイプ。

何故か多くの高学歴の人が大学院なんて行くなって言われたんですけど、ニュージーランドでは高学歴は嫌がられるんですか?

という一文を添えてくれるんですけど、そんなバカな話はありません。
オークランドの某大手証券会社で人事も担当していた偉い友人は大学院レベルが来たらまずは面接してみると言ってましたよ。

逆にこれだけ実力社会のニュージーランドでどこをどう考えたら院卒が使えなくなるんだ……

その後、

どの分野がいいですか!?

と聞いてくれます。


ベストアンサーは自分が興味のある分野が一番です。
楽しく生きるのが一番です。


が、個人の好みを無視するのなら、一番のオススメはInformation Systemです。


大学に通えるのならば(ちなみに専門は二年なので大学の方がオススメ)、Information SystemとComputer Scienceを学び、余裕があるならStatistics(統計学)です。


本当は一番セクシーな統計学がオススメだけど笑


これだけで就職も有利、ワークも有利、永住権も有利、職場環境も有利、年収も有利、と全て一気についてきます。


英語がなぁ……


と思っている方、英語が出来る(アカデミックIELTS6.5レベル)だけで一生安泰でニュージーランドで暮らせるならお安い御用だと思うんですが、どうですか?


ちなみに世界で需要が高いプログラミング言語は下のリスト。


JavaやC#は根強い人気ですね。


誰も興味もなく気にしていないでしょうが、自分は統計学者で8位の「R」使いです。
それにプラスしてSASやExcelも使えて、データのArchitectureなんちゃらも出来ます。
で、もれなく下手くそな英語もついてきます。


えぇえぇ、ちょっと自分のアピールもしてみたかっただけです。

と言うわけで、聞きたくてもメールやDMするほどでもないなという方へ向けたアドバイスでした★


じゃーねー!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ

2016年7月3日日曜日

IT業界(プログラミング関係)のススメ

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ

是非ブログに書いてー!との希望があったのでこれも書いちゃいます。


IT関係(どちらかと言うとプログラミング関係)が強いと思う理由です。



と言っても、これはデータで証明が出来るものでもないので今回は統計は出ない……ハズなんだけどこういうの書いている時点であのデータをあーしてこーして分析したら証拠として提示出来そうだなぁ、とか考えちゃう。

根っからのデータサイエンティストですね。でも数字を出すのはちゃんと依頼してくれた方へとっておきます。



とにかく、ITが強い理由だっけ?