会社の紹介

オークランド, New Zealand
Power In Numbersはオークランドを拠点とする政府公認のイミグレーションアドバイザーの会社です。スタッフの平均在住歴は20年以上!オークランド大学へ通い、卒業し、移住を経験したスタッフとニュージーランド生まれで育ったスタッフのみで運営を行っています。
現地の現役統計データアナリスト(BSc、PGDipSci、MSc)の分析もあり、常に数万に及ぶ移住者の実際のデータを基に、最新の情報と分析を提供しています。勘、経験、雰囲気だけでアドバイスは一切致しません。ブログでは統計だけではなく、日常のこと、仕事のことや、永住権に至るまでのことを書いています。

2017年8月30日水曜日

永住権申請の最低年収の落とし穴

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

落とし穴とかかっこいいこと言ってるけど全然落とし穴じゃないです。
タイトルで引き付けなきゃ!とか思ってかっこつけちゃっただけです汗

つい先日発表され、ここでも書いた永住権の新規定。

最低年収が設定されてしまったせいで、大慌ての人も、ギリギリセーフだった人も、はたまた一切影響も受けない人もいたことでしょう。


年収の足切りラインについて、ここで更に一歩踏み込んだ情報でも提供しようかと……


こういうのはクライアントだけにするべきなのか!?
と悩んでも仕方がないので書いちゃおう。


2017年8月12日土曜日

永住権(Skilled Migrant Categoryビザ)の新しいポイント規定の一部だよ

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

新しい規定が少しずつ表に出てきたので簡単に説明していこうかな。

イミグレーションのヘンダーソンエリアオフィスのアップデートによると、今回の大きな変更点は、

  • Remuneration threshold
  • Points alignment
  • Bonus Points
の三点。

とは言ってもポイントの配分は発表されていないので、それについてはまたアップデートします。